ChkTrip


ARCHIVE


SAMPLE



NAME

ChkTrip - トリップチェッカ


SYNOPSIS

http://you.example.org/cgi-bin/chktrip.cgi[?p=password;d=digits]

chktrip.cgi [ -v ] [ -d digits ] password ...


DESCRIPTION

にちゃんねるやその互換掲示板で用いられているトリップ機能で、 パスワードがどう変換されるかを調べます。

本スクリプトは CGI プログラムとしても、 コマンドラインプログラムとしても利用する事ができます。

CONFIG

本スクリプトの先頭に書かれている perl(1) のパスを確認し、 必要ならば変更して下さい。 また、スクリプト内に以下の設定項目があるので、適宜変更して下さい。

$MaxBufferSize
CGI プログラムとして動作させる際の、 入力方法毎に受け取れるデータの最大サイズ (単位: byte) です。 デフォルト値は 256 です。
$Charset
$ContentType
$Lang
出力の文字コードと、CGI プログラムとして動作させる際の言語タグ及び Content-Type ヘッダの値です。 変更する際は本スクリプト自体もその文字コードで保存し直して下さい。 デフォルト値は $CharsetShift_JIS$ContentTypetext/html; charset=Shift_JIS$Langja です。
$PageHeader
$FormBody
$ResultBody
$ResultTemplate
$ErrorBody
$PageFooter
CGI プログラムとして動作させる際に出力される各ページのテンプレートです。

SETUP

本スクリプトをお好みのディレクトリに置き、実行属性を付けて下さい。

public_html/
    +- cgi-bin/
        +- chktrip.cgi  755 (-rwxr-xr-x)

アーカイヴに含まれる上記以外のファイルは実行の際に不要です。

USAGE

設置した URL へアクセスして下さい。

http://you.example.org/cgi-bin/chktrip.cgi

コマンドラインプログラムとして動作させる場合は、 パスワードを引数に与えて実行して下さい。

> chktrip.cgi password


OPTIONS

コマンドラインプログラムとして動作させる場合は、 以下のオプションを利用できます。

-d digits
トリップの桁数を指定します。デフォルト値は 10 で、 11 以上の数値は 11 と、 1 以下の数値は 1 と、それぞれ見做されます。
-v
ヴァージョンと簡単なヘルプを表示して終了します。

BUGS

入出力の文字コード変換を行っていない為、 本スクリプトを Shift_JIS 以外の文字コードで利用すると、 パスワードに非 ASCII 文字を使った場合、変換結果が Shift_JIS のそれと異なる可能性があります。


SEE ALSO

56bit DES の実装は、 ミケネコ研究所作の DES crypt ライブラリ を参考に作成しました。


AUTHOR

Copyright © 2002-2004 Yaminusi. <yn@byor.org> All Rights Reserved.

一次配布元: BYOR

本スクリプトは修正 BSD ライセンスにて公開されています。


HISTORY

2004-05-16: v1.0.0
広告が自動挿入されるサーバで問題になる為、 Content-Length ヘッダを出さないように変更。
テンプレートが文字化けしないよう、 ヒアドキュメントをシングルクォート文字列扱いに。
descrypt() を 15% 程度高速化。
2003-10-06: v0.2.2
他のプロダクトと、コード品質上での同期。
ドキュメントやテンプレートで些細な変更。
2003-08-18: v0.2.1
ドキュメントやテンプレートで些細な変更。
2003-08-07: v0.2.0
-d オプションを追加。
-e オプションを廃止。
スクリプト内部の設定項目を整理。
設置環境に依存せず 56bit DES を利用可能に。
2002-05-14: v0.1.3
ページ出力時、["&<>] をエスケープしていない箇所があったので修正。
2002-05-08: v0.1.2
ドキュメントの整備と若干の改善。
2002-03-27: v0.0.1
某所でひっそり初版公開。