str2hex


ARCHIVE


SAMPLE



NAME

str2hex - 各種文字コードでの16進ダンプを表示


SYNOPSIS

http://example.org/~you/cgi-bin/str2hex.cgi[?k=string;t=teststr]

% str2hex.cgi [ -ejsu ] string ...


DESCRIPTION

EUC-JP・ISO-2022-JP・Shift_JIS・Unicode (ISO-10646-UCS-2) の各文字コードで、任意の日本語文字列がとるバイナリ値を調べ、 16進ダンプで表示します。

本スクリプトは CGI プログラムとしても、 コマンドラインプログラムとしても利用する事ができます。

CONFIG

スクリプト内に以下の設定項目があるので、適宜変更して下さい。 また、本スクリプトの先頭に書かれている perl(1) のパスを確認し、 必要ならば変更して下さい。

$Charset
CGI プログラムとして動作させる際の、 本スクリプト自体と出力の文字コードです。 デフォルトでは EUC-JP で統一されています。 変更する際は本スクリプト自体もその文字コードで保存し直して下さい。
$MaxBufferSize
CGI プログラムとして動作させる際、入力を受け付ける許容量 (単位: byte) です。 デフォルト値は 512 です。
$ForceModule
特定の文字コード変換モジュール (or ライブラリ) を強制的に使用したい場合、 EncodeJcodePMJcodePL のいずれかの値を指定して下さい。デフォルトでは無指定です。
$PageHeader
$FormBody
$ResultBody
$ErrorBody
$PageFooter
CGI プログラムとして動作させる際、出力される各ページのテンプレートです。
MakeResultForCGI
MakeResultForCmd
ダンプリストの生成ルーチンです。

SETUP

本スクリプトをお好みのディレクトリに置き、実行属性を付けて下さい。

/home/you/
    +- public_html/
        +- cgi-bin/
            +- str2hex.cgi  755 (-rwxr-xr-x)

また、文字コード変換処理の為、以下のモジュールのいずれかが必要です。

Encode - character encodings
perl(1) のヴァージョンが 5.8.0 以降ならば、標準モジュールである Encode を用います。
Jcode - Japanese Charset Handler
Jcode.pm がインストールされていればそれを用います。
Jcode.pm official page
jcode.pl: Perl library for Japanese character code conversion
jcode.pl が @INC 内に見つかればそれを用います。 尚、jcode.pl 使用時は Unicode 非対応となります。
jcode.pl official page

上記以外のファイルをサーバに置く必要はありません。

USAGE

CGI プログラムとして動作させる場合は、 クエリを何も与えずに呼び出して下さい。

http://example.org/~you/cgi-bin/str2hex.cgi

コマンドラインプログラムとして動作させる場合は、 文字列を引数に与えて実行して下さい。

% str2hex.cgi string


OPTIONS

コマンドラインプログラムとして動作させる場合は、 以下のオプションを利用できます。

-e
EUC-JP での結果を表示します。
-j
ISO-2022-JP での結果を表示します。
-s
Shift_JIS での結果を表示します。
-u
Unicode (ISO-10646-UCS-2) での結果を表示します。

オプションを指定しなかった場合は、 対応できる全ての文字コードについて結果を表示します。


AUTHOR

Copyright © 2002-2003 Yaminusi. <yn@byor.org> All Rights Reserved.

一次配布元: BYOR

本スクリプトは修正 BSD ライセンスにて公開されています。


HISTORY

2003-10-06: v0.1.1
文字コード変換処理 (特に Encode 利用時) の不具合修正。
2003-08-18: v0.1.0
複数の文字コード変換モジュールに対応。
UCS-2 に対応。
スクリプト内部の設定項目を一新。
2002-05-14: v0.0.2
ページ出力時、["&<>] をエスケープしていない箇所があったので修正。
2002-05-09: v0.0.1
初版公開。