sssp.cgi


ARCHIVE


SAMPLE

七行プログラムを公開しているサイト SevenLines にて本スクリプトが使用されています。


NAME

sssp.cgi - Style Sheets Selector featuring Perl5


SYNOPSIS

<head>
    ...
    <!--#include virtual="./path/to/sssp.cgi?mode=link"-->
    ...
</head>
<body>
    ...
    <!--#include virtual="./path/to/sssp.cgi?mode=form"-->
    ...

DESCRIPTION

サーバサイドで Web ページのスタイルを簡単に切り替えられるようにする為の SSI 用スクリプトです。

CONFIG

スクリプト内に以下の設定項目があるので、適宜変更して下さい。 また、本スクリプトの先頭に書かれている perl(1) のパスを確認し、 必要ならば変更して下さい。

$Conf
スタイルの設定や出力するテキストの設定です。 設定が書かれたファイルのパスを指定する事もできます。
設定項目についての詳細はアーカイヴ同梱の SSSp.pm.html 及び sssp.full_options.conf を参照して下さい。
$ErrorBody
メッセージ表示用のテンプレートです。 テンプレート中の文字列 __MESSAGE__ が適宜置換されます。
@Header
テキストやエラーメッセージを出力する際の HTTP ヘッダです。 こだわりがある人 :) 以外は、 通常変更する必要はありません。

SETUP

  1. 本スクリプトと動作確認用の HTML ファイル sssp.test.shtml をお好みのディレクトリに置き、本スクリプトに実行属性を付けて下さい。

    /home/you/
        +- public_html/
            +- sssp.cgi         755 (-rwxr-xr-x)
            +- sssp.test.shtml  644 (-rw-r--r--)

    上記以外のファイルをサーバに置く必要はありません。

  2. sssp.test.shtml をブラウザで表示し、 ソースを見て SSI 文が機能しているか確認して下さい。

    https://example.org/~you/sssp.test.shtml

    エラーメッセージが出た場合は各ファイルの属性値 (パーミッション) やパスを確認して下さい。特にサーバが suEXEC を導入している場合、 sssp.cgi の属性値に注意して下さい。 また、ご利用のサーバで SSI を使う為の設定方法を今一度ご確認下さい。

  3. フォームから実際に切替等を行い無事動作が確認できたら、 スタイルを切り替えたいページに sssp.test.shtml に書かれているのと同様の SSI 文を埋め込んで下さい。 動作確認後、sssp.test.shtml はサーバから削除して下さい。


BUGS

本スクリプトは半端な実装のブラウザや、 セキュリティに過敏な一部の人達のワガママを聞く為だけに、 貴重なサーバ資源を浪費します。:p


SEE ALSO

本スクリプトは Piro 氏作の CGI-SSS を参考に作成されました。

CGI-SSS 配布元: outsider reflex


AUTHOR

Copyright © 2003 Yaminusi. <yn@byor.org> All Rights Reserved.

一次配布元: BYOR

本スクリプトは修正 BSD ライセンスにて公開されています。


HISTORY

2003-05-08: v0.0.1
初版公開。